剣心

大久保利通暗殺の一報に触れ、志々雄一派が支配している村で行われている弱者の虐待・惨殺・脅迫(村人同士の争いのけしかけ)を目にした剣 心は、

自分の後釜として『影の人斬り』の任務を引き受け、政府に裏切られて復讐の悪鬼と化した志々雄に一定の責任を感じ始める。
剣心は京都にいる志々雄真 実の討伐に乗り出し、志々雄が実行しようとしている『京都大火の謀略』を阻止しようとするが、志々雄の本当の目的は首都東京の陥落にあった。 剣心の命を付け狙う者として、幕末に江戸城警護をしていた御庭番衆の頭・四乃森蒼紫(しのもりあおし,伊勢谷友介)も登場する。相次ぐ戦争で人の 心を失い『修羅』と化した四乃森蒼紫は、戦争に敗れても御庭番衆こそが最強であることを証明するため、幕末最強の剣客と謳われた人斬り抜刀斎(緋村剣心) を斬り殺すことだけを生き甲斐としている。 剣心の逆刃刀を盗んだことが縁で知り合いとなった巻町操(土屋太鳳)も御庭番衆の生き残りの娘である。

 

主婦