キープ

人間の体を維持するのに必要なエネルギー源として速攻で機能する糖質、細胞の生まれ変わりに必要な蛋白質など、行き過ぎたダイエットではこのように体をキープするために欠かすことができない栄養成分までも乏しい状態にしている。
「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」というのは、体内における脂肪が占めている%のことであり、「体脂肪率(パーセント) = 体脂肪の量(kg)÷体重(weight、キロ)×100」という数式によって調べられます。
自動体外式除細動器(AED)は医療資格を保有しない一般人でも取り扱うことのできる医療機器で、機器本体からの音声ガイダンスに沿って扱うことで、心臓の心室細動に対する緊急処置の効き目を与えます。
加齢に伴う耳の聞こえ辛さは段々聴力が落ちるものの、普通は還暦過ぎくらいまでは耳の衰えをあまり認識できないのです。
UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いという特性があるためオゾン層を通過する際にその一部分が吸収されますが、地表まで届いたUV-Bは皮膚の表皮の内側で細胞の遺伝情報(Deoxyribo Nucleic Acid)を損壊させたりして、皮膚にとって悪い影響をもたらすと言われています。
基礎代謝(きそたいしゃ)というのは人間が横臥位でじっとしていても燃える熱量のことですが、大半を骨格筋・最も大きな内臓である肝臓・多量の糖質を消費する脳で消費しているのです。
環状紅斑というものは輪状、要は円い形状の赤色の発疹や湿疹など、皮ふ病の総合的な病名であって、誘因は全くもって多種多彩だということができます。
ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、主に両手両足が麻痺したり脚の浮腫みなどがよく見られ、発症から時間が経ってしまうと、最も重症のケースでは心不全を誘発する可能性があります。
クシャミに鼻みず、鼻詰まりに目の掻痒感・ゴロゴロするような異物感などの花粉症の辛い症状は、アレルギーを引き起こす花粉の飛散している量に比例するように深刻になってしまう傾向があるそうです。
前立腺は生育や働きにアンドロゲン(雄性ホルモン)が大変深く関係しており、前立腺に出現してしまったがんも同様に、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの機能によって大きく成長します。
もし婦人科の検査で現在卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が足りず早発閉経(early menopause)と判明した場合、足りていない分の女性ホルモンを補填してあげる処置等で緩和できます。
亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA、Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関わる様々な酵素や、細胞や組織などの活動に深く関係している酵素など、約200種類以上の酵素の構成要素として絶対に欠かせないミネラルなのです。
流感、即ちインフルエンザに対応する予防術や医師による治療も含めた基本の対処策というものは、それが季節性インフルエンザであっても新たに発見された新型のインフルエンザであってもほぼ変わりません。
寝姿を見ることなどで、被介護者が犬のことをとても可愛らしいと感じることによって「絆のホルモン」ともいわれるオキトキシンが分泌され、結果としてストレスを緩和したり心のヒーリングなどに結びついています。
70代以上のお年寄りや慢性的な病気を持っている方は、ことさら肺炎になりやすく治るのが遅いデータがあるので、予防の徹底やスピーディな治療が必要です。

 

主婦