試行錯誤しています。

彼の本、発言にはなるべく、目を通していました。、彼は最近は 内閣府参与として、安倍総理のブレーンの1人にもなっているようです。

で すが、残念なことに、分析は鋭いのですが、解決方法はなにひとつ発言していません。彼も、東大に多い、「政府系御用学者」の1人になりつつあります。
正 直、がっかりしてしまいました。 ところが、両親、妹の介護で、単身赴任のような「単身介護」で、郷里の宇治に戻って1年。最近、素晴らしい青年と会いました。高校の20年ほど後 輩になる青年なんですが、彼は この貧困層問題の解決方法を試行錯誤しています。堀江さんや、最近有名になっているミドリ虫のユーグレナの出雲さんたち は、建前では、社会貢献をうたいますが、基本精神は 「上場してお金儲け」です。彼らの本質は、あくまで、金儲け。それが目的です。 でも、この青年は違います。堀江さんや出雲さんとは、根本理念が違います。
かれは、東大出ではありません。今のところ、アップ、アップの駆け出し の自営業です。でも 彼のやろうとしている社会事業は 堀江さんたちのような金儲けが目的の事業でありません。

 

主婦